待機所にいる事が多いデリヘル嬢

デリヘル嬢は自分が住んでいる家まで送迎の車が来て、そのままお客さんの待っているホテルに行くものだと思っていたのですが、実は大半のケースはそうではないようです。待機所等と呼ばれる場所に集められて、そこで出番が来るまで待っているのが一般的なのだそうです。

お店だとある程度広さのある個室がそれぞれの女の子に割れ当てられますから、自宅の部屋に居る時と近い感覚でいられますが、デリヘルの場合、店によっては仕切りが無かったり、あってもネットカフェの様に狭いですから、そこが厳しいかも知れませんね。まぁこれも指名されれば直ぐに外に行く事になりますから、そんなに関係ないとも言えますけど。あまり人気の無い嬢、指名が少ない嬢だと待機所にいる時間も長くなるので、そうなると困りそうです。

マイナス面を強調してしまいましたが、一方プレイルームであるホテルはとても豪華です。店舗型の風俗店だと法律上建て替えができないので、どうしても部屋が古い感じになります。どちらにも長所があるので、好みの方を選ぶと良いでしょう。ここでは一般的な例を示しましたが、必ずしもそうだという訳ではなく例外がある事も意識していただければ判断に役立つと思います。

サブコンテンツ